マラ立ちぬ

風俗に行くオタクです

2017年の風俗10

こんばんは。今年も末ですね。

なんと今年も素人童貞のまま終わってしまいました。悲しいですね。

ところで今日FLOWの"アニメ縛り"というライブに行ってきたんですけど、信じられないくらい楽しかったです。いいイベント納になりました。

 

ところで、アニメオタクの間ではここのところ、"2017年のアニソン10曲"というのが流行っているようです。

ここは便乗して自分も一つやってみたいなと思います。

題して、"2017年の風俗店ベスト10"

 

奇しくも韻を踏んでしまいましたが、どうか温かい目で読んでいただけると幸いです。

それでは、スタート────

 

10. 非風俗 パブリックスタンド (新宿)

いきなり非風俗ですみません。

これはナンパバーみたいなところ。

ハッピーアワーでは入れば2kで朝まで飲み放題という高コスパと、意外と女性とお話ができたのでランクイン。

 

9. あんぷり亭 (新橋店)

言わずとしれた超有名オナクラ。

20分手コキ+部屋代4kのばけもんコスパ

そしてオナクラなのでフリーでも可愛い人が多いということでランクイン。

新橋に行ったら可愛いお姉さんに当たることが多いと思います。

 

8.  オナクラ WAVE (曙町)

またもやオナクラ。

オナクラが好きでした2017。

ここは15分AV鑑賞(一人)+手コキ10分のコースで298という風俗のボトム価格を実現しているお店。

毎週通っていた時期がありました。

女の子のレベルは普通。

 

7. 出会い喫茶 キラリ (渋谷センター街店)

風俗……ではないですね。

出会い喫茶なるところ。

出会い喫茶とは何か?

待機している素人さん(素人さんとは言ってない)を力(という名のお金)を使って連れ出せるというお店です。

計2万円強で夜ご飯に行ってホテルに行って最後までやってきました。ソープと考えれば安いですね、顔見てお話をしてから判断できますし。

渋谷はこの系列店の中でも変わったシステムになっているのでぜひお試しください。

 

6. セクキャバ 大江戸 (池袋)

こいつも王道ではないですね。

セクキャバ、キスと揉み吸いくらいまでできます。

フリー20分×2で4k〜6kだったかな?

割と可愛い娘も多いですし、ここはセクキャバの中でも添い寝ができるのでイチャイチャ感で満たされます。

抜きなしのよさに気がついた2017年でした。

 

5. ポセイドン (タイ)

アウトローここに極まれり。ついに海外のお話です。

実は3月にタイに行きました。

何故か、風俗旅行に行きたかったからです(これ本当)。

このお店は日本で言うソープランドなのですが、タイのソープは何がすごいか。

"顔を見て選べる"のです!

入店するとコンシェルジュに案内して貰えます。まぁ王の気分を味わえますね。

価格は日本人向けにやや高めですが、日本のデリヘルくらいですむかなぁと。時間制ではなく発射回制度なのがgooooood!!

SEX is a "body" language. を学んだ2017年の初めでした。

 

4. Doki ドキッ Girls Spot (関内)

さて、そろそろ王道に戻ります。

こちら、今年の9月にできた新規のピンサロ店。なんてったって2017年の話ですからね。

川崎のアマテンで有名なリッツガーデンの系列店です。

コスパは満点、女の子もフリーに2回行って2人とも可愛かったので◯

ただ、壁が低くて少し膝を立てるだけで隣が見えるので4位。

 

3. キャラメル・南の島・トロピカーナ (池袋)

みんな大好き南の島。

名前が変わり過ぎです。

でも、好き。

 

2. にゃんパラ (新宿)

ピンサロです。

ピンサロの中では設備が良い方かと。

二人で行ったのですが、二人ともフラットシートでのんびりシコシコできたので高評価。

女の子も若くて可愛かったので、今年ナンバーワン評価といったところ。堂々の2位。

 

 

栄えある1位は────

 

 

 

 

1. ラーメン二郎 (関内店)

────汁なし、好き。

あの、騙されたと思って風俗に行ったあとにラーメン二郎を食べてみてください。どんな風俗より気持ちがいいです(?)

 

自分はこれが気持ちよすぎるあまり、風俗からの二郎を3週連続で続けていたら破産しそうになったのでやめました。2017年のいい思い出です。

新宿だと歌舞伎町が近いので便利ですね。

 

二郎もさることながら、さらにその後帰りの電車で寝ると人間の三大欲求が全て満たされるので、最高です。

 

文句なしの、1位。

 

 

以上、2017年の風俗店ベスト10でした(風俗とは言ってない)。

こんな自分ですが、来年もどうぞよろしくお願い致します。